会社情報 株式会社東北システムズサポート

次世代育成支援対策推進法への取り組み

平成27年10月1日
株式会社 東北システムズ・サポート
代表取締役 伊藤 ヘ充

次世代育成支援対策法に基づくTSSの行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のような行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成27年10月1日から平成29年9月30日までの2年間

2. 内容

目標1

計画期間内に、男性社員の育児休業を1名以上取得すること。

【対策】
  • 男性も育児休業を取得できることを、社内広報誌により社員へ周知。
  • 育児休業取得を希望する社員に対し、相談員が育児休暇の取得や育児休業給付、育児中の社会保険料納付免除、育児短時間勤務等の労働条件の説明を個別に行う。
目標2

さらに所定外労働を削減するため、長時間労働した場合、改善報告書の提出を実施。

【対策】
  • 平成27年10月〜 社員が80H/月を超えた場合、事業部長またはプロジェクト責任者は改善報告書を提出。
    【報告内容】@改善に向けた具体策、A終息見込み
  • 平成27年10月〜 社員が60H/月超が3ヶ月以上続いた場合、専属産業カウンセラーとの面談を実施。

以上